α‐β変態温度

チタンにおいて同素変態が生じる温度。チタンにおける同素変態は885℃の一定温度で生じるので、α‐β変態温度と称することができる。一方、チタン合金ではα‐β二相共存温度域が出現するので、一定温度として表示することはできない。
Share Button