アルゴン

希ガス元素の一つ。大気中に0.934%(体積比)存在。液体空気を分留して、酸素とアルゴンの混合気体とし、水素との反応で酸素を除き、その後精製して、純度99.999%以上のものが工業的に製造されている。低~高温で、ほとんどすべての物質と反応しない。チタン関係では、製錬・溶解鋳造・加熱・溶接などの際に、雰囲気ガス・カバーなどとして広く活用されている。なお、アルゴンは空気より重いので凹所に溜り、その中に人間が入ると窒息死するので注意を要する。

Share Button