コールドハース溶解

桶状または皿状の水冷銅ハースを用いる溶解法。電子ビーム溶解やプラズマアーク溶解では、消耗電極式真空アーク溶解と異なり、熱源を長時間自由に制御できるので、鋳込む前にコールドハースの中で所定の時間溶解が可能である。チタン合金のコールドハース溶解は、原料に混入したHDIやLDIの介在物が除去できることから、高品質が要求される航空宇宙用品部品には一次溶解に義務づけている場合がある。
Share Button