ホットダイ鍛造

金型温度を約50℃以上に加熱して行う型打鍛造。通常の型打鍛造の金型は200~400℃に加熱するが、それ以上の温度に加熱する。恒温鍛造ほどには加熱しない。 ホットダイ鍛造は、チタン合金の型打鍛造において変形抵抗が高く冷えやすく割れやすいので、それを解決するために考えだされた。恒温鍛造は金型温度を材料と同じにするので金型や装置費用が大変であるが、ホットダイ鍛造は通常より高い金型温度で鍛造しやすく、加熱回数を少なくできコストを低減する。
Share Button
お問い合わせフォームはこちらをクリック!