二塩化チタン

融点1035℃。黒褐色の結晶。潮解性があり、空気中に放置すれば塩酸とチタンの酸化物に加水分解する。三塩化チタンを水素中で440℃に加熱すれば、2TiCl3=TiCl2+TiCl4の不均化反応によって粉末状の二塩化チタンを得る。

Share Button