半導体

常温での電気伝導度は金属に比例するとはるかに小さいが、温度が高くなるにつれて増加し、高温ではかなり大きな値となる物質。電気伝導度が導体と絶縁体の中間に位置することからこの名前がつけられた。半導体では、熱エネルギーによって、価電子帯の電子が 励超されエネルギーギャップを飛びこえて伝導帯に移りその結果、伝導帯に移った電子と、価 電子帯にできた正 孔とが電荷のキャリアとなって電流が流れる

Share Button