型打鍛造

希望する形状をもつ型を使用して、プレス・ハンマーなどで成形する鍛造。自由鍛造に対していう。航空機機およびエンジン用チタン合金鍛造品は。主として型打鍛造により作られる。チタン合金の型打鍛造は、ステンレス鋼など他の金属用と同じ型打プレスや型打ハンマーを使用することができる。加熱炉は厳密な温度管理が必要で、通常電気炉が使用される。ガスや石油然焼炉を使う場合は、炎が直接あたらないようにマッフルなどの中で加熱する。型打鍛造は、通常α-β鍛造で有り、加工温度範囲が狭く、材料の熱容量が小さいために冷えやすい。温度が下がると極端に変形抵抗が上がり、割れやすくなる。したがって、金型を300~400℃に予熱しておき、材料を加熱炉からすばやく取り出し鍛造する。チタン合金の高温変形抵抗は、ひずみ速度が大きいほど高くなるので、型打プレスの方が有効だが、冷却しにくい点からは型打ハンマーが有効で、両方ともチタン合金に使用されている。

Share Button
お問い合わせフォームはこちらをクリック!