溶体化・過時効処理

溶体化処理と時効処理とは、本来組合せで適用される処理で、焼なまし温度またはそれに近い高温で時効処理が施される場合と組合せた処理、この処理は、焼なまし材にくらべて、強度の上昇は少ないが、靭性と延性を高めることができる。その改善効果は、バイモーダル組織の近似した組織に制御できることによる。

 

Share Button
お問い合わせフォームはこちらをクリック!