焼なまし(焼鈍)

焼鈍ともいう。高温に加熱し、その温度を保持した後、適当な速度で冷却して(通常徐冷)し、材料の均一性を改善するための処理。この処理の目的は、総括的には再結晶、硬化と組織均一化、各論理的には機械加工性の向上、塑性加工性の改善。 特性均質化などに分けられる。

Share Button