溶加棒・ワイヤー

チタンの厚肉の板材や角材などを溶融融接する場合に溶加材として溶加棒またはソリッドワイヤーを用いる。これをフィラー溶接をいう。溶加材を用いない場合はノンフィラー溶接といい、板厚1.5mm以下の場合に多く適用される。

Share Button
お問い合わせフォームはこちらをクリック!