精密鋳造

最終製品の形の鋳物を作る方法。通常、ロストワックス法にて鋳型をつくり、真空中で鋳込む。チタンの精密鋳造は、遠心鋳造と熱間精水圧プレスの組合せで信頼性が増し、航空宇宙用部品の製造法として生産が増加してきた。特にジェットエンジンの非回転体部品は鍛造品から鋳造品に変わってきている。ゴルフクラブのヘッドもチタン精密鋳造品の一つである。

Share Button
お問い合わせフォームはこちらをクリック!