脱水素処理

材料に含まれる水素を高温真空中にて除去すること。チタンの脱水素処理は、製造加工中に水素を吸収した鍛造品や板を真空炉の中で高温に加熱し、通常100ppm以下にする。脱水素は約550℃以上で活発になる。高い温度程良いが、最終熱処理より低い温度で行う。
Share Button