表面処理

材料表面をある目的をもって処理すること。チタンの表面処理は、目的により意匠性・耐摩耗性・耐食性表面処理がある。処理した表面の状態により、酸洗またはブラスト処理などのように表面は母材と同じで表面状況を変える処理、窒化などのように表面の材料を反応などで変える改質処理、電気めっきのように材料表面に他の物質を密着させる皮膜処理(コーティング)がある。
 チタンの表面仕上げには、酸洗仕上げ(ダル仕上げ)・真空焼なまし仕上げ・ブラスト仕上げ・エッチング仕上げ・鏡面仕上げなどがある。表面改質には、陽極酸化・大気酸化・窒化・イオン注入などがある。皮膜処理には、CVD法・PVD法・塗装・PdO/TiO2など貴金属コーティング・電解めっき・肉盛溶接・溶射などがある。

Share Button
お問い合わせフォームはこちらをクリック!