遠心鋳造

回転している鋳型に溶湯を鋳込むこと。遠心力を利用して溶湯を鋳型に充満させ、内部欠陥を軽減させる。チタンの遠心鋳造は、高品質が要求される航空宇宙用に多く用いられている。また歯科用金属床など薄い鋳造には遠心鋳造が必要となる。

Share Button