金属間化合物材料

2種類以上の金属元素から形成される化合物で金属とセラミックスの中間の性質を有し、強度、剛性が高温でも高く、耐食性にもすぐれている。チタンを含む金属間化合物としては、TiAl,TiNi,TiNbなどが実用化されている。TiAlは自動車のターボチャージャー、航空機ジェットエンジン低圧タービンブレードに、TiNiは形状記憶特性を生かした温度検知素子兼アクチュエーターとしてのばね材(水道の混合水栓など)や超塑性を活かしたメガネのフレームなどで、TiNbはリニアモーターカーの車体素側磁石や医療検査機器MRIの磁石に超電導特性が活かされている。

Share Button
お問い合わせフォームはこちらをクリック!