電気防食

材料に電流を流して腐食を防止する方法。陰極防食と陽極防食がある。陰極防食は腐食されやすい材料を陰極とする方法で、腐食されない電圧をかけるか、もっと腐食されやすい金属を陽極として接続して防蝕する。後者の場合の陽極材料は溶け出していくので、犠牲陽極という。陽極防食は、腐食されやすい材料を陽極として通電して防食する。

チタンの場合は、耐食性がよいので電気防食の必要はないが、接続して一緒に使用される他の材料が腐食されるので、その材料に対して電気防食する必要がある。たとえば、復水器に使用される鉄鋼材料は陰極防食されている。

Share Button
お問い合わせフォームはこちらをクリック!