MIG溶接

MIGは、metal inert gasの略。TIG溶接におけるタングステン電極のかわりに、溶接金属のワイヤーを連続的にトーチから供給して、ワイヤー先端と母材との間にアークを発生させ、その熱エネルギーで接合する方法。MIG溶接は溶接速度が大きく、TIG溶接と比較して高能率であり、厚板の溶接に用いられる。しかし、ブローホール(穴欠陥)が発生しやすく、溶接部外観は劣る。溶接ワイヤーは直径φ0.8~φ3.2mmが利用される。

 

Share Button