常温で圧延すること。純チタンの冷間圧延は、変形抵抗が高いことから、例外を除き小径ワークロールで圧延中に引張り力がかかるコイル圧延によることが多い。大きな変形はできないが,表面状態の仕上がりがよい。β合金は、変形抵抗は高いが純チタンと同様に冷間加工性がよく、箔まで冷間圧延が可能である。