局部腐食の一形態。水溶液中に置かれた、金属で構成された構造部材に隙間が存在する場合、隙間内部の腐食が加速される現象。隙間内の溶液と外部の溶液との間に、酸素の濃度差など、環境因子の差に起因した濃炎電池が生じるのが原因である。たとえば、表面がごみや腐食生成物によっておおわれていたり、構成材料に亀裂が存在したり、溶接が不完全な部分があったりした場合や、ボルトの頭部の下などで発生する。
耐食性のすぐれたチタンでも注意しなければならない現象である。→耐隙間腐食チタン合金。